るぅな日記。

FF11プレイ日記ぽいの。気まぐれにリアルも。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

吾輩はミスラである。



吾輩はミスラである。あ、にゃー。
名前は・・・・

秘密なのにゃ(*´д`*)


ここバストゥークに生まれ育ち、
倉庫キャラとして細々と暮らしてきた。

移動手段の為だけに黒魔道士の修行を17までやった。
それからは日々モグハウスと宅配を往復するだけの生活。

こんな生活もうイヤにゃ!
僕だって冒険したいのにゃー!!


そんなワケでございまして今回は倉庫キャラの
ミスラの物語をミスラ目線でお届けします。あ、にゃ。




******
冒険者になるには、沢山の修行を積まないといけない。
まずはサポートジョブってのを付けることが第一の目標にゃ。

レベル17黒魔道士。
やっぱり安全に稼ぐならミミズかにゃ?
遠く離れたランペールの墓まで足を運ぶことにした。



任務ご苦労さまにゃー。コレお届け物にゃ!

ついでにザルクヘイム地方がバストゥーク支配だったから
砂丘のopに立ち寄って補給物資を届けた。

これでサンドリア地方への遠出がちょっと楽になるのにゃ。

忘れないように、ラテーヌでホラ石もゲットしてきた。
コレを持ってるとテレポって魔法でココまで飛べるらしい。

世の中は便利で溢れてるのにゃ。






サンドリア王国、初入国!

お墓に行く前に地図をゲットする為にサンドリアに立ち寄った。
バスと違ってなんだかセレブな香りがする国なのにゃ。
立派なお城とかあって王子ってのもいるらしい。

よし!いつか王子をゲットするのにゃ!
そしてセレブなミスラになるのにゃ!


ネコの野望がまた1つ増えた。






チュドーン!チュドーン!

楽~丁度のミミズだけど、僕には秘密兵器があるのにゃ!
じゃーん、アニバーサリリングぅ~ヽ(ω^*)

チビチビ稼いでなんとか18になった。
よし、サポ取りにいくにゃよー!




ってアイテムどうやってゲットするのにゃ?(`・ω・´)

ガガンボの腹虫と陸カニのふんどしと呪われたサレコウベ
ってのが必要らしいけど、ソロじゃ倒すの無理にゃ?

メインのルーナ姉ぇとはアカウントが同じだから
同時にインできない仕様だし。使えないヤツにゃ。

さてどうするかにゃ、困ったにゃ。




はい、アイテム取ってきたよ~。

困り果てていると一人のタルタルがアイテム取りを手伝ってくれた。

「絡まれると危ないから」
と、セルビナ入り口の門の中で待ってるように言われた。


彼はレベル75のモンクだった。
名前はタルタル王子というらしい。

王子・・・どこかの国の王子なのだろうか。
親切なタルタルのおかげでスグにアイテムが揃った。

お礼を言うとスグに何処かへ帰って行ってしまった。
またどこかで会うことがあるのかにゃ。




セルビナでアイテムを渡すとサポートジョブを
付けれるようにしてくれた。やったにゃー(人*´∀`)

早速バスに戻ってサポをつけてみた。
回復魔法も使える白魔道士にしてみるのにゃ!




・・・・あにゃ?


しまったにゃ、レベル1なのにゃ(ノД`)




今度はサポ用に白魔道士の修行を始めた。

アニバーサリリングをもっさり使って
もっさり経験値を稼いだ。

あっという間にレベル10になった。
とりあえずこれくらいでいいかにゃ?




サポ用の白もレベル10まで成長したので
今度は黒を20まで修行することにした。

目指すはジュノ!チョコボ!!




黒魔道士の修行の場所に選んだのはシャクラミの地下駐車場。
あ、迷宮だった。でも地下っていったらやっぱり駐車場だと思うにゃよね?

そしてアタイの獲物になるのはまたミミズ。
にやゃゃゃゃ!ミミズセンサーのしっぽがビンビン反応するにゃ!

チュドーン!チュドーン!
きゃはは!僕の精霊をうけるのにゃー!!!


将来有望な墨候補がココに誕生した。





そんな感じでとうとうレベル20に☆

ふぅ・・・・おわった・・・にゃ・・・パタリ・・・・。


倉庫キャラとして生きてきたネコ。
バストゥークの地を離れ思えば遠くへ来たもんだ。
そして疲れ果ててその場で眠りについてしまった。



つづく?


| みすら物語。 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 怪しいリンク先のURLはコチラ等でチェックすることができます。












非公開コメント

 現在「http://」を禁止ワードに設定してあります。リンクを貼る際は頭の「h」を抜いてください。

TRACKBACK URL

http://luuna.blog96.fc2.com/tb.php/283-6f2fe515

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT